ビットコインチャート相場2017年11月と最新ニュースをお届け!-1週目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインチャート相場2017年11月

ビットコインゴールドの付与のあとのチャート価格がどのように推移するか気になる週となりましたね。ビットコインの2017年11月1週目のチャートから今後の相場観をテクニカルな面から確認していきます。ビットコインは基軸通貨となっていることから今後の相場観をチャートから予想していくことは重要になってきます。

また、2017年11月1週目までの最新の気になるニュースに関してもピックアップしていますので、ビットコイン市場の今後の動向など参考にしてもらえればと思います。

2017年11月のビットコイン相場をチャートから分析-1週目

2017年11月1週目の現在のチャートです。

ビットコインチャート相場2017年11月

まずは先週を振り返ってみたいと思いますが、先週はビットコインゴールドが配布されるとのことで、おそらく価格は下落すると予想していました。これはビットコインの価格が上がり過ぎていることから、しばらく調整が必要と見ていたからですね。

想定では、大きく価格を下げるのではないかと考えており、$5,000あたり場合によっては$4,300まで下落する可能性もあると記載していました。

今週の結果を見てみると、想定以上に価格が維持されている結果となり、$5,300まで下げたのち、上昇に転じていきました。場合によってはこの価格帯でもみ合いが続くかもとの話をしてはいましたが、思った以上に買い圧力が高いのを感じる結果となっています。

まだまだビットコインの価格は$5,300で反転したのを見ると上昇していきそうに感じてしまいますね。

具体的にもう少し見ていましょう!

ビットコインゴールドの配布が終わると同時に、$5,300まで価格を下げましたが、その後上昇し$6,000まで結局短期間で戻ってきています。その後、短期的には下落トレンドを形成しましたが、これまでの中期的上昇ラインとの三角保ち合いを形成し、上昇方向へ突き抜けていきました。

その後$6,200をレジスタンスとして、3度伺う展開となっています。大概このパターンだと下落へと向かうことが多いのですが、その予想を覆して上抜けしている状況です。

$6,400まで一時期到達しましたね。正直すごい勢いです。

今後の展開ですが、このまま$6,400をも突き抜けてしまうと、バブルと言っていいほどの展開となってしまうため、またしばらくレンジ相場になってくれないと上がり過ぎな状況ですね。

11月のハードフォークを見据えると、しばらくはこの水準で維持するのではないかと思いますが、長期的な軌跡を見る限り、しばらくしたのち大きな調整が起こると本来考えるべきな状況と思われます。

画像の2つのトレンドラインを切るか、また$5,600のラインを切る、もしくは$5,300を割る状況になると、勢いよく下落していく可能性があるので、いずれ大きな下落相場になることは頭の片隅に置いておいたほうがいい状況だと思われます。

※個人的な見解を記載しているため、投資は自分自身で判断したうえで行ってくださいね。

スポンサーリンク



2017年11月の気になるビットコイン最新ニュース-1週目

2017年11月1週目までの最近気になった最新ニュースをピックアップしています。ビットコインの市場環境も常に変化していきますので、ビットコイン市場のトレンドを把握するのにちょっと見ておいて欲しい最新ニュースを集めています。

ぐるなびがビットコイン決済導入か。

ぐるなびでもビットコインの決済ができるお店を紹介する特集が話題になってきています。

身近かなお店でビットコインでの決済ができるお店がどんどん増えてきている状況は間違いなく、ビットコイン市場の追い風となっています。法定通貨としてはまだまだ安定性の欠けるビットコインですが、それでも多くの店舗が導入を検討している状況に今後の発展に楽しみを覚えますね!

アマゾンがビットコイン採用

こちらの記事に関しても今後のビットコインの導入性に関してとなりますが、Amazonがビットコイン決済を導入すると一時期話題になりました。ビットコインゴールドの付与後相場は下落局面を迎えていましたが、$5.300で反転したのはアマゾンの情報が流れたことも一つの下落を抑えた一因かもしれませんね。

結局、アマゾンでのビットコイン決済に関しては情報が先行しているだけとなっており、アマゾン自体は表立って明言はしていない状況です。これまでもアマゾンがビットコインの決済を導入するでのはないかと話題になるような機会があり、期待をする場面もありましたが、まだそのような展開にはなりそうにありません。

ただ、これだけなんども話題になるような案件でもあることから、今後環境が整えばアマゾンもビットコイン決済を導入するようになるにはそれほど時間がかからないのではないかと思われます。

ライトニングネットワークを使ったマイクロペイメントを実装

ビットコインの欠点として処理速度の問題が上げられます。

次世代のライトニングネットワークの実装テストが進められており、これが実施されるとVISAの処理能力を超える技術となり、最近手数料が上がり気味なビットコインの状況を打破することにつながる技術となります。

このような開発状況を見ると、まだまだビットコインを含む暗号通貨は今後更なる発展をしていくことを感じずにはいられない状況ですね。

 

毎週ビットコインの相場をチャートを見ながら市況しています。またその週の気になる最新ニュースをピックアップしていますので、各週のチャート相場と最新ニュースをまとめたページも覗いてみて下さい。

⇒ビットコインチャート相場2017年と最新ニュースまとめ

1日数時間で、半年後にはあっさり億り人に?!
今ならまだ間に合う仮想通貨新興市場への招待状

「情報革命」と言われたインターネットの登場と同じく、「金融革命」を起こす可能性を持つと言われるビットコインのブロックチェーン技術。

まだまだ、この技術の可能性に気づいている人は少なく、仮想通貨は新興市場の段階です。市場規模はまだ60兆円程度であり、今後専門アナリストは5倍、10倍と成長していく市場だと予想しています。

これが意味するのは有望な仮想通貨を保有しているだけで、勝手に通貨の価値が上がり、何もしなくても資産が増えるという、不思議な現象を体現できるということです。

2018年は仮想通貨が認知され、多くの人たちに普及していく年だと言われています。これまではリスクの高い市場でしたが、環境も整い仮想通貨をはじめるにはいいタイミングだと思います。

仮想通貨をはじめるにはまずコインを購入する必要があり、コインを購入できるおすすめの取引所としては、ビットコイン取扱量日本一であり、安全性を最も備えている「bitFlyer(ビットフライヤー)」が一番ではないかと思います。

仮想通貨への投資は億り人への道に続いています。ただ、ビットコインだけでは億り人にはなれません。アルトコインの活用が不可欠であり、国内でまずbitFlyerに登録し、アルトコインを含む仮想通貨市場を経験していくのが最も効果的だと思います。

これまでのありふれた日常を変えてみませんか?これまでの無難な選択があなたの普通の人生を作り上げています。この招待状が示す真の価値に気づけるなら日常に戻る選択をせず、decentralized(非中央集権)を思考する新しい世界へと一歩踏み込んでみませんか?

そんな前向きな方へ向け「億人部」は少しでも億り人へ近づけるような価値ある記事を提供し続けます。そして、あなたを応援していきたいと思っています。

ぜひ、この新世界で一緒に夢を見れる方々をお待ちしております。


bitFlyer(ビットフライヤー)の登録はこちらから

  

SNSでもご購読できます。