ビットコインチャート相場2017年11月と最新ニュースをお届け!-2週目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインチャート相場2017年11月

今週は予想以上の今までにないくらいの勢いでビットコインが上昇しましたね。ビットコインの2017年11月2週目のチャートから今後の相場観をテクニカルな面から確認していきます。ビットコインは基軸通貨となっていることから今後の相場観をチャートから予想していくことは重要になってきますよ。

また、2017年11月2週目までの最新の気になるニュースに関してもピックアップしていますので、ビットコイン市場の今後の動向など参考にしてもらえればと思います。

2017年11月のビットコイン相場をチャートから分析-2週目

2017年11月2週目の現在のチャートです。

ビットコインチャート相場2017年11月ビットコインチャート相場2017年11月

まずは先週を振り返ってみたいと思いますが、先週はこの上がり過ぎな感じのまま$6,400をも突き抜けてしまうと、バブルと言っていいほどの展開となってしまうため、レンジ相場に向かうのではないかと記載していました。

そして、これまでの上昇の勢いから大きな調整が入るのではないかと考えており、場合によっては$5,600くらいまで下落していく可能性があるとの考えをお伝えしていました。

ただ、今回蓋を開けてみれば、今までにない位の勢いでビットコインの価格は上昇していき、一時期は$7,600まで上がる展開を見せ、予想を覆す結果となっています。

本来であれば調整が入るべきタイミングなのになぜこのような上昇を見せたのでしょうか?よくわからない展開は往々にしてファンダメンタル的な要素が入っていると考えたほうがいいですね。

調べるとビットコインが先物市場で上場するのが公式に決定したとのニュースが流れた影響ではないかと思われます。その結果24時間で10万人の新規顧客が取引所の口座を開設したとの話もでているくらいビットコインの市場に新規資金が流入してきたと考えることができます。

過去のビットコインの取引高を見比べると、この3カ月で今までの取引量と同等以上の資金が流入しているのがわかります。このようになると、これまでの相場観は一度リセットして、ビットコイン第2章として新たにテクニカルを見ていく必要もある状況かと思われますね。

とは言え、現状は$7,600を頭にしてレンジ相場に向かいそうな局面となっています。しばらくは$6,900、$6,800のラインを割ってこない限りはこの範囲で相場は上下していく状況ではないかと思われます。

今後の展開としては、ビットコインのハードフォークが控えており、新たに付与されるコインを得ようともう一度相場が盛り返してくるのではないかと考えられます。また、すでにある程度調整を行っているため上昇しやすい状況ですね。

そして、先物の上場による資金流入はこれからが本番ではないかとも思われます。大きな調整をする必要もない位の資金が投入されることで長期的にさらに上昇していく可能性もありますね。ハードフォークがどのような展開になるかにもよりますが、$7,600を抜ければ$8,400あたりを狙って上昇を目指していくのではないかと考えられます。

※個人的な見解を記載しているため、投資は自分自身で判断したうえで行ってくださいね。

スポンサーリンク



2017年11月の気になるビットコイン最新ニュース-2週目

2017年11月2週目までの最近気になった最新ニュースをピックアップしています。ビットコインの市場環境も常に変化していきますので、ビットコイン市場のトレンドを把握するのにちょっと見ておいて欲しい最新ニュースを集めています。

米CME、ビットコイン先物を年内に上場

今週のテクニカル分析でも触れましたが、先物大手の米CMEが年内にビットコインの先物を上場すると公式に発表しました。これまで特に金融系の人達にとってはビットコインが金融商品になりえるわけがないと一歩引いた目で見られていたこともありインパクトは大きかったかもしれませんね。

これによりビットコインは金融商品と扱われる可能性があり、それは結果として機関投資家や大口の投資家が暗号通貨市場に入ってくる道を開いたことになります。

今後今まで以上の資金が流入してくる可能性が高く、ビットコインの価格は長期的に上昇していくと考えるのは容易なことですね。

2018年のビットコインは11000ドルヘ!

先物による機関投資家の流入などを考えると、ビットコイン相場予測で知られる米スタンドポイントリサーチ社の創設者ロニー・モアス氏が2018年のビットコイン価格の目標値を7500ドルから11000ドルへ引き上げたとの話はなくはないかもしれませんね。

12000ドルを目途に機関投資家が参入を検討しているとの話も内部では出ていることから、現実味を帯びてきた数字ではないかと思われます。

「バブルの物語」踊り続ける覚悟はあるか?

さて、上の二つの記事をみてビットコインの将来性を感じ、心がわくわくして、浮かれている人もいるのではないでしょうか?

あなたはいつまで踊り続ける覚悟はありますか?

良い記事ですので一度は見てみて下さい。もちろんビットコインの価格がどんどん上がっていくことを望みはしますが、また別の角度から現状を捉え、どのようなリスクに備えておくべきか。大局的に暗号通貨の市場を感じ取れないとネットバブルの二の舞になるかもしれませんよ。

 

毎週ビットコインの相場をチャートを見ながら市況しています。またその週の気になる最新ニュースをピックアップしていますので、各週のチャート相場と最新ニュースをまとめたページも覗いてみて下さい。

⇒ビットコインチャート相場2017年と最新ニュースまとめ

1日数時間で、半年後にはあっさり億り人に?!
今ならまだ間に合う仮想通貨新興市場への招待状

「情報革命」と言われたインターネットの登場と同じく、「金融革命」を起こす可能性を持つと言われるビットコインのブロックチェーン技術。

まだまだ、この技術の可能性に気づいている人は少なく、仮想通貨は新興市場の段階です。市場規模はまだ60兆円程度であり、今後専門アナリストは5倍、10倍と成長していく市場だと予想しています。

これが意味するのは有望な仮想通貨を保有しているだけで、勝手に通貨の価値が上がり、何もしなくても資産が増えるという、不思議な現象を体現できるということです。

2018年は仮想通貨が認知され、多くの人たちに普及していく年だと言われています。これまではリスクの高い市場でしたが、環境も整い仮想通貨をはじめるにはいいタイミングだと思います。

仮想通貨をはじめるにはまずコインを購入する必要があり、コインを購入できるおすすめの取引所としては、ビットコイン取扱量日本一であり、安全性を最も備えている「bitFlyer(ビットフライヤー)」が一番ではないかと思います。

仮想通貨への投資は億り人への道に続いています。ただ、ビットコインだけでは億り人にはなれません。アルトコインの活用が不可欠であり、国内でまずbitFlyerに登録し、アルトコインを含む仮想通貨市場を経験していくのが最も効果的だと思います。

これまでのありふれた日常を変えてみませんか?これまでの無難な選択があなたの普通の人生を作り上げています。この招待状が示す真の価値に気づけるなら日常に戻る選択をせず、decentralized(非中央集権)を思考する新しい世界へと一歩踏み込んでみませんか?

そんな前向きな方へ向け「億人部」は少しでも億り人へ近づけるような価値ある記事を提供し続けます。そして、あなたを応援していきたいと思っています。

ぜひ、この新世界で一緒に夢を見れる方々をお待ちしております。


bitFlyer(ビットフライヤー)の登録はこちらから

  

SNSでもご購読できます。