ビットコインの換金は税金がかかる?雑所得でこんなに取るの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコイン換金税金

ビットコインで得た利益を換金すると税金がかかってしまうのでしょうか?これまで税金面はグレーな状況でしたが、公式にビットコインの税金の取り扱いについて国税庁より見解が出ています。

資産を増やす=税で還元するのは社会のルールではあるものの、どのような場合にどれくらい税金がかかるのか理解しておきましょう!

ビットコイン換金時の税金って何税?

ビットコインの取引など仮想通貨に関わる税金の課税について、9月6日に国税庁より発表がありました。利益分は「雑所得」として扱うという内容となっており、もうけが大きいほどより多く課税される税区分が採用されたことになります。

[平成29年4月1日現在法令等]
ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。
 このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。
(所法27、35、36)ー国税庁

雑所得の場合は赤字になった時、他の所得の黒字と損益通算できないのがつらい所ですね。逆に言うと、他の所得で赤字になっても、ビットコインで得た黒字を減らして、税金を軽減することができないとのことですね。また、赤字の場合、翌年に繰り越したりもできないことになります。

ビットコイン換金時の税金の額って?

では、ビットコインで儲かったとのことで円に換金した場合、どれくらいの税金を払わないといけないのでしょうか?

所得税は、累進課税制度で、所得が高いほど税率が高く設定されています。所得金額に応じて、税率が5%から45%まで7段階あり、所得金額に対して税率をかけ、控除額を差し引いて税額を算出します。

①195万円以下:所得金額x5%
②195万円超330万円以下:所得金額x10% – 97,500円
③330万円超695万円以下:所得金額x20%- 427,500円
④695万円超900万円以下:所得金額x23% – 636,000円
⑤900万円を超1,800万円以下:所得金額x33% – 1,536,000円
⑥1,800万円超4,000万円以下:所得金額x40% – 2,796,000円
⑦4,000万円超:所得金額x45% – 4,796,000円

仮に所得金額が1,000万円の場合は、1,000万円x33% – 1,536,000円=1,764,000円が納税額になります。

更に、所得税のほかに住民税も必要となってきます。住民税は納税額に対して、一律10%の税金がかかることになります。

すると、ビットコインで1,000万円利益を得て、換金すると税金は1,940,400円となり、約2割は税金に吹っ飛んでいくことになりますね。

いや~、高いですね、もっていかれますね。。。

でも、この税金のことをしっかり理解しておかないと、もうかったと喜んでお金を使い果たしたのち、多額の税金が後からやってくるとのことになりかねないので、しっかり税金も考えて投資していかないといけませんね。

次に、どんな時に税金は取られるのでしょうか?

スポンサーリンク



ビットコインはどんな時に税金が取られるの?

ビットコインで得た利益を換金すると税金が取られるのは理解してもらえたかと思いますが、その他のケースにはどんな場合があるでしょうか?

これからビットコインはますます多くの人が認知するようになり、多くのお店でビットコインを直接使って支払う時代が訪れると考えられますが、このビットコインで何かを買った時にも税金はかかると考えられます。

税金を取られるのは、法定通貨に換金した場合やものとして商品を手に入れ、利益が確定した段階で税金がかかることになります。

そんな中、アルトコインに換金した場合はどうなるの?って疑問に思う方もいるかもしれませんね。

本来の考え方であれば、ビットコインからアルトコインに換金した時点で利益が確定していれば、その利益に対して税金は課せられるものではあると思います。

ただ、現実問題取引において、ビットコインからアルトコイン、そしてまたビットコインへ、海外で取引していたら日本に送金、また海外へ、、、、この取引間の利益を追うのは煩雑で、現実問題とらえられないと思います。

その点はおそらく国税庁も把握しているのではないかとも思い、現実的には法定通貨に換金し、利益が確定した段階で税金は取られるんではないかと思います。このあたりは個人的な見解なので、今後の国税庁の見解を待つしかないですね。
 

ビットコインの換金に関する様々な情報をまとめていますので、ぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね。

⇒ビットコインの換金方法や手数料・税金などまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日数時間で、半年後にはあっさり億り人に?!
今ならまだ間に合う仮想通貨新興市場への招待状

「情報革命」と言われたインターネットの登場と同じく、「金融革命」を起こす可能性を持つと言われるビットコインのブロックチェーン技術。

まだまだ、この技術の可能性に気づいている人は少なく、仮想通貨は新興市場の段階です。市場規模はまだ60兆円程度であり、今後専門アナリストは5倍、10倍と成長していく市場だと予想しています。

これが意味するのは有望な仮想通貨を保有しているだけで、勝手に通貨の価値が上がり、何もしなくても資産が増えるという、不思議な現象を体現できるということです。

2018年は仮想通貨が認知され、多くの人たちに普及していく年だと言われています。これまではリスクの高い市場でしたが、環境も整い仮想通貨をはじめるにはいいタイミングだと思います。

仮想通貨をはじめるにはまずコインを購入する必要があり、コインを購入できるおすすめの取引所としては、ビットコイン取扱量日本一であり、安全性を最も備えている「bitFlyer(ビットフライヤー)」が一番ではないかと思います。

仮想通貨への投資は億り人への道に続いています。ただ、ビットコインだけでは億り人にはなれません。アルトコインの活用が不可欠であり、国内でまずbitFlyerに登録し、アルトコインを含む仮想通貨市場を経験していくのが最も効果的だと思います。

これまでのありふれた日常を変えてみませんか?これまでの無難な選択があなたの普通の人生を作り上げています。この招待状が示す真の価値に気づけるなら日常に戻る選択をせず、decentralized(非中央集権)を思考する新しい世界へと一歩踏み込んでみませんか?

そんな前向きな方へ向け「億人部」は少しでも億り人へ近づけるような価値ある記事を提供し続けます。そして、あなたを応援していきたいと思っています。

ぜひ、この新世界で一緒に夢を見れる方々をお待ちしております。


bitFlyer(ビットフライヤー)の登録はこちらから

  

SNSでもご購読できます。