ビットコインマイニング(採掘)会社ランキングTOP4が圧倒的過ぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインをマイニング(採掘)するのにどの会社に投資するのがいいのでしょうか?せっかく投資をするならリターンの大きい会社を狙いたい所ですよね。そのためにはどんな会社があって、どれくらいのシェアでビットコインをマイニング(採掘)しているのか知ることは大切です。

シェアランキングからビットコインのマイニング(採掘)量の多い会社上位4社について、それぞれどんなマイニング(採掘)会社なのか調べてみました。各社を見比べて、どこと付き合うべきか検討してみて下さいね。

ビットコインマイニング(採掘)会社;ランキング

まずは、ビットコインのマイニング(採掘)量が多い会社ランキングを見てみましょう!こちらは1日当たりどこの会社がビットコインをマイニング(採掘)しているのか、シェア率を円グラフで示しています。

ビットコイン採掘(マイニング)会社

上位5社で約7割のビットコインのマイニング(採掘)を行っているのがわかりますね。マイニング(採掘)に成功できるかどうかはPCの計算能力に左右されます。

大規模な会社ほどマイニング(採掘)機への設備投資が多くなり、結果計算能力が向上するので、ある程度マイニング(採掘)会社は淘汰されていくことになりそうですね。その内、大きい所へ集約が進み生き残るのは数社となるかもしれません。

次に、このランキングのマイニング(採掘)会社が1日でどれくらいマイニング(採掘)に成功しているのか、回数での比較を見てみましょう!

ビットコイン採掘(マイニング)会社

AntPoolがダントツでそのあとを4社が追いかけている状況ですね。さらに下位のマイニング(採掘)会社は多くても一ケタ代となっています。

それぞれ、上位4社のマイニング(採掘)会社はどんな会社なのでしょうか?

ビットコインマイニング(採掘)会社-4位;ViaBTC

ViaBTCは中国の会社で、ついこの前まで話題になっていましたね。と言うのも、ViaBTCはマイニングプールだけでなく、取引所も運営している会社です。中国では政府の規制により、取引所を閉鎖する方針が出され、大手取引所となるViaBTCも9月末で閉鎖することが決定しています。

ViaBTCの取引所のホームページを訪れると初めに目にする言葉は「さようなら」となっています。

取引所は今後海外での展開を検討しているようですが、マイニングプールに関しては今のところ通常通りマイニング(採掘)を行っています。

ViaBTCは、2016年5月に暗号化に特化したイノベーション集中型のスタートアップとして設立され、最先端の導入技術を備えた世界トップのBitcoin鉱山プールを開発している会社となります。

ビットコインマイニング(採掘)会社-3位;BTC.com

BTC.comは、使いやすく安全性の高いモバイルおよびWebウォレットを提供している会社ですね。その他の事業として、業界で人気のあるブロックエクスプローラを提供したり、マイニングプールを設計して運営しています。

特徴としては、

・BTCプールコードはオープンソースとなっており、誰でもアクセスしてバックエンドコードを表示できます。
・ネットワーク接続の安定性を保証するために最も近い地域ノードを選択することができるマルチノード展開を採用。
・孤立したブロックレートを減らすために、BTCプールは高速ブロードキャストネットワークを展開。
・BTCプールはセキュリティが最優先事項であるとみなしています。

スポンサーリンク



ビットコインマイニング(採掘)会社-2位;F2Pool

2013年5月にオープンした中国最大手マイニングプールですね。F2Pool創始者であるワン・チュンが2017年4月のSegWitの課題に対し度々発言をしていたのを記憶している人も多いかもしれませんね。

ビットコインはマイニング(採掘)をしないと成り立たない仕組みのため、F2Poolのように大きなマイニング(採掘)会社が発言権を有しているのを感じることになりましたね。

F2PoolはBTC、LTC、ETH、ETC、ZEC、SCのコインのマイニング(採掘)を手掛けています。

1日あたりの推定コインは下記となっています。

0.00023046 BTC / Thash / s
0.00050043 LTC / Mhash / s
0.01325808 ZEC / Ksol / s
0.00014077 ETH / Mhash / s
0.00335243 ETC / Mhash / s
0.08686309 SC / Mhash /秒

ビットコインマイニング(採掘)会社-1位;AntPool

世界最大の圧倒的なシェアを誇るのが「AntPool」と呼ばれるマイニングプールです。

AntPoolは、Bitmain Tech Ltdが運営しているマイニングプールとなります。Bitmainは2013年に設立され、BitmainのASICチップ技術を使用して世界をリードしています。そのASICチップを用いたBitcoin採掘機の製造、販売を手掛けています。

自社で最先端のBitcoin採掘機を手掛けていることから、世界で最も電力効率の良いビットコイン・マイナーとなっています。

AntPoolは、より使いやすいインターフェースで便利な使い方ができるのがいいですね。Bitcoin、Litecoin、Ethereum、ETC、Zcash、Dash、Bitcoin Cashを手掛けています。

ビットコインマイニング(採掘)会社ランキングまとめ

上位のマイニング(採掘)会社は中国勢が占めている状況です。中国では取引所の閉鎖という規制が実施されたこともあり、今後マイニング(採掘)会社の事業も対象になる可能性が残っています。どうなっていくのか動向が不明瞭な状況ですね。

実際マイニング(採掘)量が公開されているので、透明性はありますが、その他の情報に関しては少ないため、日本語対応で使いやすく情報がよく入ってくるような会社でマイニング(採掘)を行いたい方は Genesis Miningのクラウドマイニングなんかのほうがいいかもしれませんね。

今後日本でもDMMやGMOがマイニング(採掘)事業に参入することを表明していますので、DMMやGMOの状況を見守ってみるのもいいのではないかと思います。色々と選択肢を増やして投資対象先を検討してみて下さいね。

 

ビットコインのマイニング(採掘)に関する様々な情報をまとめていますので、ぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね。

⇒ビットコインのマイニング(採掘)方法やソフト、仕組み、会社などまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日数時間で、半年後にはあっさり億り人に?!
今ならまだ間に合う仮想通貨新興市場への招待状

「情報革命」と言われたインターネットの登場と同じく、「金融革命」を起こす可能性を持つと言われるビットコインのブロックチェーン技術。

まだまだ、この技術の可能性に気づいている人は少なく、仮想通貨は新興市場の段階です。市場規模はまだ60兆円程度であり、今後専門アナリストは5倍、10倍と成長していく市場だと予想しています。

これが意味するのは有望な仮想通貨を保有しているだけで、勝手に通貨の価値が上がり、何もしなくても資産が増えるという、不思議な現象を体現できるということです。

2018年は仮想通貨が認知され、多くの人たちに普及していく年だと言われています。これまではリスクの高い市場でしたが、環境も整い仮想通貨をはじめるにはいいタイミングだと思います。

仮想通貨をはじめるにはまずコインを購入する必要があり、コインを購入できるおすすめの取引所としては、ビットコイン取扱量日本一であり、安全性を最も備えている「bitFlyer(ビットフライヤー)」が一番ではないかと思います。

仮想通貨への投資は億り人への道に続いています。ただ、ビットコインだけでは億り人にはなれません。アルトコインの活用が不可欠であり、国内でまずbitFlyerに登録し、アルトコインを含む仮想通貨市場を経験していくのが最も効果的だと思います。

これまでのありふれた日常を変えてみませんか?これまでの無難な選択があなたの普通の人生を作り上げています。この招待状が示す真の価値に気づけるなら日常に戻る選択をせず、decentralized(非中央集権)を思考する新しい世界へと一歩踏み込んでみませんか?

そんな前向きな方へ向け「億人部」は少しでも億り人へ近づけるような価値ある記事を提供し続けます。そして、あなたを応援していきたいと思っています。

ぜひ、この新世界で一緒に夢を見れる方々をお待ちしております。


bitFlyer(ビットフライヤー)の登録はこちらから

  

SNSでもご購読できます。