ビットコイン採掘(マイニング)報酬ってどれくらい?計算結果は。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコイン採掘(マイニング)報酬

ビットコインを採掘(マイニング)すると報酬がもらえますが、どのような仕組みで報酬がもらえるのでしょうか?また、ビットコインの採掘(マイニング)に参加するとどれくらい稼ぐことができるのでしょうか?

最近のビットコインの採掘(マイニング)市場環境に触れながら、実際にマイニングに参加する方法や、どれくらい報酬として稼ぐことができるのかまとめてみました。

ビットコイン採掘(マイニング)報酬の仕組み

採掘(マイニング)とは売り買いや送金などの取引記録をブロックチェーンに繋ぐ作業のことであり、このブロックチェーンを繋ぐという技術を用いることで、第三者がデータの真偽を確認し、承認する作業を行っています。

ブロックチェーンに取引記録を繋ぐ採掘(マイニング)を成功させるために、何台もの高性能のPCを使ってハッシュ関数と呼ばれる暗号を解きながら検証作業を行っていきます。

採掘(マイニング)が認められるのは一人だけとなっており、なるべく早くハッシュ関数を解いた者だけが報酬を得られるため、過当な競争が日々繰り広げられている状況です。

この採掘(マイニング)という作業があるからこそビットコインは正当性が担保され、取引が成立することになります。ビットコインのシステムを維持するには欠かせない作業となっています。

ビットコインは採掘(マイニング)システムを維持してもらうために、採掘(マイニング)してくれた者に対してお礼として、新規ビットコインを発行し、報酬として付与してくれます。

報酬を受け取るには、採掘(マイニング)を手掛けるマイナー(採掘者)が採掘(マイニング)を行い、その量に応じて報酬を得ることができます。その得た報酬はビットコインのマイニングならビットコイン、イーサリアムならイーサリアムとして受け取ることができます。

受け取ったコインは法定通貨へと両替することで実際のお金となり、稼ぐことができる仕組みとなっています。

ビットコインんは半減期という仕組みを採用しています。ビットコインの発行量に応じて、段階的に採掘(マイニング)して得られる報酬のビットコイン量を半減していきます。

現在は一度採掘(マイニング)に成功すると12.5BTCを得ることができ、これに加えて作業した取引履歴に含まれる手数料を報酬として得ることができます。

ビットコイン採掘(マイニング)事情

ビットコイン採掘(マイニング)作業量が勝敗を左右する

採掘(マイニング)は基本的に多くの作業をこなせる物ほど優位なものとなっています。早く大量の作業を終えた者が報酬を得られるという早い者勝ちのシビアな世界のためコンピューターの性能争いが過熱しています。

高性能なPCを大量に集めたものが勝ち残るような市場になっているとのことですね。

採掘(マイニング)の優劣は採掘速度(ハッシュレート)で見ることができます。これは1秒間にどれくらいハッシュ関数の演算を行るかを示す値となります。

ハッシュレートを上げるにはコンピューターの処理能力を上げなければならなず、現在は10ギガ(100億)ハッシュ/秒あたり、場合によってはテラといった計算処理能力を保有しないと市場では生き残れなくなってきている状況です。

ビットコイン採掘(マイニング)環境

採掘(マイニング)は採掘機とともに電気代のコストをどのように考えるかがすごく重要となってきます。

これまで採掘(マイニング)は大手のマイニングプールである「Antpool」や「BTC.com」といったは中国勢が約7割程度も採掘(マイニング)市場を占めているのが現状です。

これはやはり、中国は電気代が安く、人件費も安いとの状況から優位なことが要因となっています。

ただし、最近では中国は政府のビットコイン取引所の規制などで環境が不明瞭な状況でもあり、反対に日本ではDMMやGOMが採掘(マイニング)市場に参入すると表明したことで脚光を浴びています。

ビットコイン採掘(マイニング)機材の高騰

これまで述べてきたように採掘(マイニング)市場で生き残るには高性能なPCが必要となっています。画像処理半導体(GPU)などマイニング関連機材の価格が上がり始めており、常に設備投資をし続けないといけない採掘(マイニング)事業にとってコストがどんどん高まっている状況です。

また、GOMなどの日本企業にとって、中国よりも高性能な最先端の半導体チップを開発して対抗するにしても、国内にデータセンターを置いては人件費などの固定費が高くつくことになります。

そのようなことから、GOMは電気代を抑えるため、一年を通じて気温が低い北欧にデータセンターを置き、コンピューターを冷やすための電気代を減らすほか、地熱や水力などの再生可能エネルギーも使ってトータルのコストを抑えるなどを検討しています。

スポンサーリンク



ビットコインを採掘(マイニング)するには?

ビットコインを採掘(マイニング)にはどのような方法があるのでしょうか?

主にビットコインを採掘(マイニング)するには2通りの方法ではないかと思います。

マイニングプールに参加

自分で高性能な採掘(マイニング)機を準備して、マイニングプールに参加して作業分の報酬を得る仕組みですね。

採掘(マイニング)機は色々な価格帯で販売されていますが、値段が高いほうがより多くの採掘(マイニング)が可能です。当たり前ですが。採掘(マイニング)機があれば後は参加するマイニングプールに登録作業を行い、ソフトをダウンロードするだけで採掘(マイニング)を始めることができます。

ただし、先にも述べたように高性能なPC勝負となっており、現状ではなかなか稼ぐのは難しい状況とはなっています。

また、自分で採掘(マイニング)するため、高熱を発する機械を冷やす環境を整えたり、電気代がかかったり、メンテや作業を行ったりと、作業量の割に得られる報酬が少ないことからデメリットのほうが多いかもしれないですね。

クラウドマイニングで投資

クラウドマイニングは大手マイニング企業に投資するような仕組みとなります。

このクラウドマイニングであれば、自分で採掘(マイニング)する必要がなく、投資した企業側で採掘(マイニング)を行い、メンテなども行ってくれることから、画面を見ていればいいだけとなりますね。

マイニング企業側は常に最新の設備を更新していかないといけないことから、その更新費用を採掘(マイニング)したい個人からお金を集めているイメージになります。投資してくれた人には一定期間採掘機をレンタルしているとの形でその間採掘(マイニング)した分を報酬として返す仕組みとなります。

電気代や設備投資、人件費などの固定費などはその採掘(マイニング)分から手数料として引かれることになるため、自分で採掘(マイニング)するよりも高めにはなってきます。

クラウドマイニングに関しての注意点として、活動状況を把握しにくい企業があり、詐欺に合う可能性もあるため、企業選定は慎重にしたほうがいいですね。

採掘(マイニング)ってどれくらい稼げる?

クラウドマイニングを行った場合どれくらい稼ぐことができるのでしょうか?

Genesis MiningのZECの採掘プランで仮に検証してみると、

ビットコイン採掘(マイニング)報酬

 

スターター(25H/s): 47.99ドル
Advanced(250H/s): 459ドル
Professional(2,500H/s): 4,399ドル

の3種類のプランがあり、どれも2年での契約となっていますね。

どらくらい採掘(マイニング)できるかは下記サイトを参考にしてみて下さい。

⇒マイニング利益の計算リンク

ハッシュレートが決まれば、クラウドマイニングであれば電気代をゼロとして計算することができるので、今回はProfessional(2,500H/s)を契約したと仮定して計算させてみると、

ビットコイン採掘(マイニング)報酬

1年間で3,177ドル採掘できるとの結果が出てきました。2年契約のため単純に考えると6,354ドルの利益が得られそうですね。

投資分を考慮すると、残る利益としては2,000ドルとなり、日本円で22万5千円となります。

クラウドマイニングサービスでは、契約したハッシュレートで2年間、24時間体制で採掘してくれます。環境の変化によりコインの価格も変動するので、試算通りの利益をあげるかはわかりませんが、2年間で22万をどう思いますか?

手間暇はかからず、ほったらかしで稼ぐことができる可能性があるので、そのような投資方法を好む方にはいいかもしれませんね。ただ、より多く稼ぎたい方はやはり仮想通貨の市場でコインの売買をして稼いでいくほうがいい気がしますね。

 

ビットコインのマイニング(採掘)に関する様々な情報をまとめていますので、ぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね。

⇒ビットコインのマイニング(採掘)方法やソフト、仕組み、会社などまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日数時間で、半年後にはあっさり億り人に?!
今ならまだ間に合う仮想通貨新興市場への招待状

「情報革命」と言われたインターネットの登場と同じく、「金融革命」を起こす可能性を持つと言われるビットコインのブロックチェーン技術。

まだまだ、この技術の可能性に気づいている人は少なく、仮想通貨は新興市場の段階です。市場規模はまだ20兆円程度であり、今後専門アナリストは5倍、10倍と成長していく市場だと予想しています。

現に2018年初頭にはバブル的に規模が拡大し一時期100兆円規模まで拡大しました。今は価格が一巡し、仮想通貨が多くの人に認知されはじめ、普及していく段階だと言われています。これまでは価格変動が激しくリスクの高い市場でしたが、環境も落ち着きを見せ、仮想通貨をはじめるにはいいタイミングだと思います。

仮想通貨をはじめるにはアルトコインを活用するのが一番ではないかと思いますが、価格変動時にだけアルトコインを売り買いし、基本的にはビットコイン・円で資産を保有しておくのが最近のトレンドではないかと思います。

仮想通貨への投資は億り人への道に続いています。ただ、ビットコインだけでは億り人にはなれません。アルトコインの活用が不可欠であり、アルトコインのトレードで多くの方が活用している「BitMEX」に登録し、アルトコインを含む仮想通貨市場を経験していくのが最も効果的だと思います。

これまでのありふれた日常を変えてみませんか?これまでの無難な選択があなたの普通の人生を作り上げています。この招待状が示す真の価値に気づけるなら日常に戻る選択をせず、decentralized(非中央集権)を思考する新しい世界へと一歩踏み込んでみませんか?

そんな前向きな方へ向け「億人部」は少しでも億り人へ近づけるような価値ある記事を提供し続けます。そして、あなたを応援していきたいと思っています。

ぜひ、この新世界で一緒に夢を見れる方々をお待ちしております。


BitMEXの登録はこちらから( 6 か月間10% の料金割引)

  

SNSでもご購読できます。