ビットコインの採掘(マイニング)方法とは?どれくらい稼げる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコイン採掘(マイニング)方法

ビットコインを採掘(マイニング)するにはどうすればいいのでしょうか?パソコンが勝手に計算してくれて、何もしなくても報酬を稼いでくれそうでなんだかよさそうな気がしますよね。

ビットコインの採掘(マイニング)は自宅で誰でもできますが、どうすればできるのでしょうか?ビットコイン採掘(マイニング)方法とマイニング事情なども踏まえ見ていきましょう!

ビットコインを採掘(マイニング)するとは?

まず、ビットコインを採掘(マイニング)するとはどういうことかご理解はできているでしょうか?簡単に復習すると、

ビットコインはすべての取引記録を10分ごとにブロック化し、ネット上に分散保存された取引台帳に追記していきます。このブロックをどんどんつなげていく行為をブロックチェーンと呼んでおり、暗号(仮想)通貨の特徴の一つとなっていますね。

このブロックチェーンにブロックを繋げるためには一定のルールが決めれられています。

最後尾のブロックにはハッシュ関数を用いたビットコインからの問題が記載されてあります。この問題を解かないとブロックを繋げることができなくなっており、その答えを見つけ、その他の人から間違いないと承認を受けて初めてブロックを繋げることができるようになっています。

ビットコインの仕組みはこのブロックを繋げていくことが重要となっており、このブロックを繋げる作業に貢献してくれた人に新規に発行したビットコインを報酬として手に入れることができるようになっています。

詳しくはこちらの記事を見てもらえればと思いますが、

⇒ビットコインのマイニング(採掘)とは?

多くの計算を行い、問題を解いて、ブロックを繋ぎ、報酬を得る行為がビットコインの採掘(マイニング)と言われているものとなります。

ビットコインを採掘(マイニング)する方法とは?

では、そのビットコインを採掘(マイニング)するにはどのような方法があるのでしょうか?

ビットコインの採掘(マイニング)とはブロックを繋ぐための問題を解くために、パソコンで大量の計算をして、解を導きださないといけません。

そのような計算をしてビットコインを採掘(マイニング)するには主に2通りのやり方があります。

自宅で採掘(マイニング)

特別な資格も必要なく、専用のソフトウェアをインストールしたパソコンがあれば、誰でもビットコインの採掘(マイニング)に参加することができます。最近はパソコンに詳しくない人でも簡単に、web上のソフトウェアをインストールすればできるようになっています。。

ビットコインの採掘(マイニング)をするにの必要なものは、

・パソコン
・マイニングソフト
・メールアドレス

だけあれば誰でもできます。

おすすめのソフトは「MinerGate」でしょうか。ソフトをインストールして会員登録やコインアドレスを登録して、実行するだけです。得られたコインは取引所で日本円に換金して、銀行に出金手続きを行うことができます。

クラウドマイニング

自宅で採掘(マイニング)するデメリットとして、採掘(マイニング)をしている間、常にパソコンを稼働させておく必要があります。また、ある程度高性能のパソコンを使用しないと、フリーズしたりと採掘(マイニング)どころではなくなってしまうデメリットがあります。

そこで、クラウドマイニングに参加してビットコインの採掘(マイニング)を行う方法があります。

クラウドマイニングとはビットコインをマイニングするグループやプールマイニングの管理者に投資を行う方法です。出資を行うことで間接的にビットコインの採掘(マイニング)に参加するような形となります。

仕組みとしては、そのグループで採掘(マイニング)を行って得られたコインの一部が配当金として配られる仕組みとなっており、自分が投資した以上の配当金が帰ってくれば、リターンを得ることができるものとなっています。

少し怖いのは、先にグループに投資をする必要があり、万が一その投資先がつぶれたり、実態がなかったりすると投資したお金を失いかねないので、投資先のグループの選定には注意したほうがいいですね。

アメリカで採掘(マイニング)を行っている企業である「Genesis Mining」なんかは日本語のサイトも用意されてあり、日本人も利用しやすいのではないかと思います。

実際にビットコインを採掘(マイニング)するとどれくらいの報酬を得られるのでしょうか?

スポンサーリンク



ビットコイン採掘(マイニング)事情

実際にビットコインを自宅で採掘(マイニング)するとどれくらい報酬を得ることができるのか調べてみました。

ビットコインを自宅で採掘(マイニング)するときの課題として、計算能力と電気代となります。計算能力が低いと大してビットコインを採掘(マイニング)することができず、電気代がかさばるだけの結果となってしまいます。

昔はまだそれほどマイナーと呼ばれる採掘(マイニング)する人がすくなかったので、そこそこの報酬を得ることができていましたが、今ではある程度の武器を揃えなくては儲からない時代となっています。

ビットコインを自宅で採掘(マイニング)するには、ノートパソコンでもなんならスマホでも可能です。ただ採掘(マイニング)にすごく時間がかかる割に報酬も少なく、電気代で赤字になってしまうので、ビットコインを自宅で採掘(マイニング)する専用の採掘機が必要となります。

よくマイニング会社の画像を見ることがあると思いますが、こんな感じですよね。

ビットコイン採掘(マイニング)方法

専用の採掘機には色々な種類がありGh/sの値が大きいほど沢山ビットコインを採掘(マイニング)することができます。

USBタイプなんかもあるんですね。ビットコイン採掘機;ASICMiner USB 330MH/s

ビットコイン採掘(マイニング)方法

実際に、自宅でこのような採掘機を購入するとどれくらい稼げるのでしょうか?

採掘機の性能や、ビットコインの計算の難易度、ビットコインの価格など色々な要素が絡んでくるのですが、

おおよそのイメージにすると、

11MH/sぐらいの性能で、1カ月で3,000円分のビットコインを採掘し、電気代が2,000円かかって、儲けが1,000円くらいです。採掘機の購入代金を回収しようとすると1年くらいかかるなんて感じになります。

ということで、ビットコインを自宅で採掘(マイニング)することはできますが、今やぜんぜん稼ぐことができないのが実情です。

 

ビットコインのマイニング(採掘)に関する様々な情報をまとめていますので、ぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね。

⇒ビットコインのマイニング(採掘)方法やソフト、仕組み、会社などまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日数時間で、半年後にはあっさり億り人に?!
今ならまだ間に合う仮想通貨新興市場への招待状

「情報革命」と言われたインターネットの登場と同じく、「金融革命」を起こす可能性を持つと言われるビットコインのブロックチェーン技術。

まだまだ、この技術の可能性に気づいている人は少なく、仮想通貨は新興市場の段階です。市場規模はまだ60兆円程度であり、今後専門アナリストは5倍、10倍と成長していく市場だと予想しています。

これが意味するのは有望な仮想通貨を保有しているだけで、勝手に通貨の価値が上がり、何もしなくても資産が増えるという、不思議な現象を体現できるということです。

2018年は仮想通貨が認知され、多くの人たちに普及していく年だと言われています。これまではリスクの高い市場でしたが、環境も整い仮想通貨をはじめるにはいいタイミングだと思います。

仮想通貨をはじめるにはまずコインを購入する必要があり、コインを購入できるおすすめの取引所としては、ビットコイン取扱量日本一であり、安全性を最も備えている「bitFlyer(ビットフライヤー)」が一番ではないかと思います。

仮想通貨への投資は億り人への道に続いています。ただ、ビットコインだけでは億り人にはなれません。アルトコインの活用が不可欠であり、国内でまずbitFlyerに登録し、アルトコインを含む仮想通貨市場を経験していくのが最も効果的だと思います。

これまでのありふれた日常を変えてみませんか?これまでの無難な選択があなたの普通の人生を作り上げています。この招待状が示す真の価値に気づけるなら日常に戻る選択をせず、decentralized(非中央集権)を思考する新しい世界へと一歩踏み込んでみませんか?

そんな前向きな方へ向け「億人部」は少しでも億り人へ近づけるような価値ある記事を提供し続けます。そして、あなたを応援していきたいと思っています。

ぜひ、この新世界で一緒に夢を見れる方々をお待ちしております。


bitFlyer(ビットフライヤー)の登録はこちらから

  

SNSでもご購読できます。