ビットコイン購入時の単位って?取引所の最低単位も気になりますね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコイン購入単位

ビットコインを購入するにはまずは単位を理解しておきましょう!暗号(仮想)通貨の市場はビットコインを基軸として多くのアルトコインが取引されています。アルトコインを購入するときにもビットコインで支払うことになるので単位には慣れておきたいところです。

また、自己資産を管理する上でもビットコインが基準となるので、いったい単位ってどうなっているの?取引所はどれくらいから取引できるの?など気になる所を調べてみました!

ビットコインの単位って?

ビットコインでは「BTC」という単位が使われています。これは日本やアメリカでいう、円やドルをイメージしてもらえればわかりやすいですね。暗号(仮想)通貨の市場ではこのBTCを基軸にして、色々なコインを取引していきます。

では、1BTCは一体どれくらいの価格になるでしょうか?

最近の取引所では1BTC=47万円くらいで取引されています。47万円の円を取引所を使ってビットコインを購入すると1BTCが手に入ることになります。

ビットコインを購入して、取引をしだすとよくわかりますが、チャートなどを見ると、この47万円が上がったり、下がったりとしながら、長期的にはどんどん値段が上がっている状況ですね。

1年前は1BTC=6万程度だったBTCの価値が8倍くらいに伸びているのですごい市場ですよね。

何十万円単位で取引できる人は限られるので、BTCには小数点以下を使用することが多くなります。

BTCの最小単位は1億分の1まで存在し、その最小単位は「Satoshi」と呼ばれています。ビットコインを開発したと言われている「中本哲史(なかもと・さとし)」氏に敬意を表してこのような単位が採用されています。

ちょとわかりにくいので換算表を見てみましょう。

1BTC=500,000円
0.1BTC=50,000円
0.01BTC=5,000円
0.001BTC=500円
0.0001BTC=50円
0.00001BTC=5円
0.000001BTC=0.5円
0.0000001BTC=0.05円

億り人になるためには何BTC必要かイメージができたでしょうか?

皆さんが目指すは「200BTC」です!

ビットコインで取引できる単位っていくつ?

では、実際に取引所でビットコインBTCはいくつの単位から取引できるのでしょうか?

理論的には最小単位1Satoshiから取引ができることになりますが、ビットコインのシステム上、通常546Satoshi以下の処理は行わない仕様となっています。このため546Satoshi以下の数量をダストと言われており、日本語でいわゆる「ゴミ」として扱われます。

そんな状況から、各取引所でも最低取引単位が設定されています。代表的なところでは

ビットフライヤー;0.001BTC
コインチェック;0.005BTC
ビットポイント;0.0001BTC
ザイフ;0.0001BTC
ビットバンク;0.0001BTC

ザイフなどの取引所を使えば、50円から取引できることになりますね。ただ、大きく稼ぐには万単位で取引を行う規模となりますので、最低取引単位はあまり考えなくてもいいかと思いますね。

小数点が多くて少し困惑しませんか?でも、取引ではそんなに実は気になりません。というのも。。。

スポンサーリンク



取引購入時ビットコイン単位ってややこしくない?

1万円分取引しようとしたら、0.02BTC必要になります。

まずはこんな感じでざっくりどこか基準を決めて覚えてしまうのが、手っ取り早いかもしれませんね。5万円分なら0.1BTCってことです。

覚えるのも一つですが、ビットコインを購入し、取引所で取引する際、取引所が作成しているアプリを使用するのが使い勝手がいいです。このアプリを使用するとあっという間に自動で計算(その時の時価で)してくれます。

多くのアプリ画面は

・ビットコインの所有残高
・日本円の残高
・購入するコインのレート

なんかが画面上に出ています。

購入したいコインの数量を記載すると、日本円換算でいくらになるのか表示されますので、その金額を見ながら、数量を調整するだけで簡単に購入できます。ですので、あまり単位とかは気にする必要はないですね。

色々なコインを所有しても、総資産も勝手に円換算してくれるので、取引するにはアプリは必須ですよ。

 

ビットコインの購入に関する様々な情報をまとめていますので、ぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね。

⇒ビットコイン購入方法やおすすめ情報まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日数時間で、半年後にはあっさり億り人に?!
今ならまだ間に合う仮想通貨新興市場への招待状

「情報革命」と言われたインターネットの登場と同じく、「金融革命」を起こす可能性を持つと言われるビットコインのブロックチェーン技術。

まだまだ、この技術の可能性に気づいている人は少なく、仮想通貨は新興市場の段階です。市場規模はまだ60兆円程度であり、今後専門アナリストは5倍、10倍と成長していく市場だと予想しています。

これが意味するのは有望な仮想通貨を保有しているだけで、勝手に通貨の価値が上がり、何もしなくても資産が増えるという、不思議な現象を体現できるということです。

2018年は仮想通貨が認知され、多くの人たちに普及していく年だと言われています。これまではリスクの高い市場でしたが、環境も整い仮想通貨をはじめるにはいいタイミングだと思います。

仮想通貨をはじめるにはまずコインを購入する必要があり、コインを購入できるおすすめの取引所としては、ビットコイン取扱量日本一であり、安全性を最も備えている「bitFlyer(ビットフライヤー)」が一番ではないかと思います。

仮想通貨への投資は億り人への道に続いています。ただ、ビットコインだけでは億り人にはなれません。アルトコインの活用が不可欠であり、国内でまずbitFlyerに登録し、アルトコインを含む仮想通貨市場を経験していくのが最も効果的だと思います。

これまでのありふれた日常を変えてみませんか?これまでの無難な選択があなたの普通の人生を作り上げています。この招待状が示す真の価値に気づけるなら日常に戻る選択をせず、decentralized(非中央集権)を思考する新しい世界へと一歩踏み込んでみませんか?

そんな前向きな方へ向け「億人部」は少しでも億り人へ近づけるような価値ある記事を提供し続けます。そして、あなたを応援していきたいと思っています。

ぜひ、この新世界で一緒に夢を見れる方々をお待ちしております。


bitFlyer(ビットフライヤー)の登録はこちらから

  

SNSでもご購読できます。