ビットコインのレート変動をグラフから予想する効果的な見方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインレート変動グラフ

ビットコインのレートがどのように変動しているかグラフをしっかり見ていますか?いくら勢いよくビットコインのレートが上昇しているからといって、一直線でレートのグラフが変動するというものではありません。多くの人が暗号通貨市場に参入しており、一人一人の投資の考え方により行動した結果がレートの変動として反映されることになります。

このような群集心理にもとづくレートの変動はある一定の変動の仕方があり、その動き方を知ることは投資をする上で重要となります。今回はどのようにビットコインのレートが変動するものなのかグラフを見ながら確かめていきたいと思います。

ビットコインレートのグラフはどのように変動する?

基本的にはビットコインのレートはトレンド相場か、レンジ相場かの2種類の変動に分けることができます。

トレンド相場とは上昇トレンドの場合上値を切り上げて上昇していく相場ですね。

ビットコインレート変動グラフ

トレンドに関しては上昇相場か下落相場かを見極めて長期のプライマリーに沿ってトレードするのが基本です。

レンジ相場とはある価格帯の範囲で上昇したり下落したりと調整をしている相場となります。

ビットコインレート変動グラフ

このレンジ相場でトレードする場合は下値のサポートラインから上昇し始めの時に買いを入れ、上値のレジスタンスラインに届いたら売りを入れる形になりますね。

レジスタンスラインを突破するのか、またレンジ相場へと戻っていくのかは相場を読む力を付ける必要があります。

ビットコインレートのグラフが変動する調整とは?

ビットコインのレートのグラフを見てもらうとわかると思いますが、ある一定量レートが上がると必ずいったんレートが下がり、底値を切りあげて、また上昇しています。N字を描くような変動ですね。

このような変動はなぜ起こるのでしょうか?

ビットコインに投資している方は、長期で買い増しを続ける人、長期で売り増しをしたい人、短期で買いを入れたい人、短期で売りを入れたい人、様々な状況に置かれる人たちが参加している状況です。

レートが上昇するのはビットコインを買いたい人が多いことによります。ビットコインを購入した人はあるレートまで上昇すると利益を確定するため、売りたいと思う人も出てくることになります。

色々なパターンはありますが、ある一定量レートが上がると、売りたい人が多くなり、その圧力が強いとレートが下落することになりますね。そして、ある程度レートが下がると、今度は買い増しをしたい人や、押し目で買いたい人が増えることになります。

このようになると今度は買い圧力が高まって、レートが上昇していくとの流れです。

この変動はどの通貨も同じであり、かならず売り買いの攻防によるN字を描きながらレートは変動することになります。まれにこの売り買いの攻防の圧力が同じとなり、水平になったり、買い圧力がものすごく高まり、一直線にレートが上昇していくことはありますが、これも結果的には売り買いの圧力差による変動となります。

このレートの変動の仕方はある程度、一定の法則にしたがって変動することが多いです。この法則を頭に入れて置くだけで今後どのようにレートが変動するのか未来をイメージをすることができるようになります。

そのようなサインとなるレートの変動の形について次に見てみましょう!

スポンサーリンク



ビットコインレートのグラフ変動タイプ

ビットコインのレートのグラフを見ていて、よく出てくる変動の形があります。この形が出た場合は相場が動くサインともなりますのでどのようなものがあるのか見てみましょう。

色々なチャートパターンがありますが、その中でもわかりやすくて使いやすいのは下記3つではないかと思います。

アセンディングトライアングル

相場が上昇トレンドの時は上値を押さえられながらも、買い圧力が高まりレートが収束していく形ですね。これも一種のレンジ相場であり、上を目指すための調整期間でもあります。

ビットコインレート変動グラフ

この場合最終的にはどのようにレートが変動するでしょうか?

この収束のポイントを起点として、いっきにレートが跳ね上がるなどの変動が起こりやすい形となります。多くはこのアセンディングトライアングルを形成する前のトレンドにしたがって抜けていくことが多いですね。

ペナント

ペナントも形が少し異なりますが、アセンディングトライアングルのような形ですね。よく3角保ち会いなどど表現される形ですね。

ビットコインレート変動グラフ

このペナントの場合はアセンディングトライアングルとは異なり上値は売り圧力により切り下げている状態ですね。下値は買い圧力で切り上げている状態となり、上から下からの圧力で相場が圧縮されているような状態です。

この場合も抜けると大きくレートは変動しやすく、抜ける方向はアセンディングトライアングルと同じく、トレンドの流れに従うことが多いです。

ダブルボトム

このダブルボトルはトレンドの変換点で発生しやすいレートの変動の形です。

ビットコインレート変動グラフ

上値を同じレートの位置で2度反発することで、売り圧力に負けてしまうパターンですね。ある程度様子をみて形が形成されたのち、真ん中のレジスタンスラインを超えるようであれば、上昇トレンドから下降トレンドへの分岐点として判断しやすいポイントとなります。

ビットコインレートはどこまで下落する?

ビットコインが上昇したのち頭を抑えられ、下落に向かい始めているとき、いったいどこまでビットコインのレートは下落していくのかわかればいいのにと思うことはありませんか?

一つ有効な方法として、フィボナッチのラインを使うのがお勧めです。

フィボナッチは黄金率を用いた自然の摂理の指数となっており、群集心理の結果レートが決まるビットコインに関しても当てはまることになります。

ビットコインレート変動グラフ

前回の底値から上昇しきった高値の間にフィボナッチを用いると、自然の法則により反応が起こりやすい38.2%、50%、61.8%のラインが出来上がります。

必ずしもフィボナッチのラインが有効と言うわけではありませんので、このラインを参考にサポートやレジスタンスのラインが存在していないか、移動平均線で反転しそうな状況にはないかなど、複数の要素が重なってくると、そのラインで反発する可能性が高まってくることになります。

トレードを行う際には今回紹介したようにレートの変動のパターンやトレンドの方向性、レジスタンス・サポートとなるラインなどを複合的に判断しながらトレードを行うことで、飛躍的に勝率が伸びていきますので、ぜひ取り入れてみて下さいね。

 

ビットコインのレートに関する様々な情報をまとめていますので、ぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね。

⇒ビットコインレートの特徴(円とドル、見方や、計算方法、チャート推移など)まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日数時間で、半年後にはあっさり億り人に?!
今ならまだ間に合う仮想通貨新興市場への招待状

「情報革命」と言われたインターネットの登場と同じく、「金融革命」を起こす可能性を持つと言われるビットコインのブロックチェーン技術。

まだまだ、この技術の可能性に気づいている人は少なく、仮想通貨は新興市場の段階です。市場規模はまだ60兆円程度であり、今後専門アナリストは5倍、10倍と成長していく市場だと予想しています。

これが意味するのは有望な仮想通貨を保有しているだけで、勝手に通貨の価値が上がり、何もしなくても資産が増えるという、不思議な現象を体現できるということです。

2018年は仮想通貨が認知され、多くの人たちに普及していく年だと言われています。これまではリスクの高い市場でしたが、環境も整い仮想通貨をはじめるにはいいタイミングだと思います。

仮想通貨をはじめるにはまずコインを購入する必要があり、コインを購入できるおすすめの取引所としては、ビットコイン取扱量日本一であり、安全性を最も備えている「bitFlyer(ビットフライヤー)」が一番ではないかと思います。

仮想通貨への投資は億り人への道に続いています。ただ、ビットコインだけでは億り人にはなれません。アルトコインの活用が不可欠であり、国内でまずbitFlyerに登録し、アルトコインを含む仮想通貨市場を経験していくのが最も効果的だと思います。

これまでのありふれた日常を変えてみませんか?これまでの無難な選択があなたの普通の人生を作り上げています。この招待状が示す真の価値に気づけるなら日常に戻る選択をせず、decentralized(非中央集権)を思考する新しい世界へと一歩踏み込んでみませんか?

そんな前向きな方へ向け「億人部」は少しでも億り人へ近づけるような価値ある記事を提供し続けます。そして、あなたを応援していきたいと思っています。

ぜひ、この新世界で一緒に夢を見れる方々をお待ちしております。


bitFlyer(ビットフライヤー)の登録はこちらから

  

SNSでもご購読できます。