ビットコインのレート(円)は各取引所で異なる?価格差を利用すると。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインレート(円)

ビットコインのレート(円)は各取引所で異なるのはご存知でしょうか?ビットコインの相場と言えば、よく見かけるチャートが一般的ですが、実際にビットコインを購入するにはレート(円)をしっかりと確認した上で購入したほうがお得な場合があります。

ここでは法定通貨である円を基準にビットコインのレートってどのような違いがあるのか、ビットコインのレート(円)の基本的な見方から、レート(円)の違い、お得な購入方法についてご紹介していきたいと思います。

ビットコインのレート(円)は各国て異なる?

ビットコインを購入する時、基本的には取引所で円をBTCに交換して手に入れることになります。ただ、日本だけで考えるとそのようになりますが、ビットコインは世界中のある程度の法定通貨であればどこでも購入することができます。

世界を基準にするとビットコインのレートは様々です。下の画像はUSDを基準とした日本、欧米、中国、韓国のビットコインレートの価格差となります。

海外の場合、その国ごとの法定通貨によりレートがあるためこのような価格差が生じることになります。レートの安い国の法定通貨を用いてビットコインを購入すればお得そうですね。ただ、基本は円でのやり取りが無難と思いますので、ここでは円を基準に話を進めたいと思います。

海外とのレート差があるように、日本のそれぞれの取引所によってもレート(円)は異なる場合があります。これについては後程見ていきたいと思います。

ビットコインのレート(円)の見方

そもそも、ビットコインのレート(円)ってどこを見ているのでしょうか?

ビットコインを取引所で入手する場合、販売所で購入するか取引所を用いて売買するかの2通りの方法となります。

販売所とは直接取引所から購入する形となり、取引所とはビットコインを売買する場に集まってやり取りするような方法ですね。

どうしても大量のビットコインをすぐに欲しいという場合がない限りは、基本的には取引所を用いた方が価格を抑えてビットコインを購入することができます。

多くの方は取引所を用いていることからビットコインのレート(円)は販売所の販売価格ではなく、取引所の売買価格を見ることになります。

例えばbitflyerのビットコインのレート(円)は下記のようになっています。

ビットコインレート(円)

左が取引履歴となっており、売買が成立した時の価格となります。右はビットコインのチャートですね。時間軸での値動きを知ることができます。

真ん中にあるのが、板と呼ばれるものとなります。

板の上側の緑文字が売値ですね。下側の赤文字が買値となります。ここではそれぞれビットコインを売りたい人、買いたい人が希望するビットコインの価格を確認することができます。売値と買値が重なる中央部分が成約する価格となります。

ビットコインのレート(円)とはその取引所で売買が行われている、買値、売値、その差額のスプレットを見ることになります。この成約する価格はチャートにもあるように時間軸で価格がどんどん変化していくことから、需要とバランスによって刻々と変化することになります。

スポンサーリンク



国内の各取引所のビットコインのレート(円)

ビットコインの各取引所のレート(円)を確認してみましょう!

ビットコインレート(円)

国内の取引所を比べてもビットコインのレート(円)が異なるのがわかりますね。売りたいときは買い板を見れば高く買ってくれそうな取引所がわかります。逆に買いたいときは売り板を見て安く買えそうな取引所を見ればいいですね。

国内でも取引所ごとになぜビットコインのレート(円)が異なるのでしょうか?

株式取引をする際は、基本取引所は東京証券取引所など一つとなっていますが、仮想通貨取引所はこうした仕組みは存在していないため、取引所に集まる不特定多数のユーザー間で売買価格が決まっていく仕組みとなっています。

つまり、取引所に集まった人による需要と供給によって価格が変わってくるためです。

そのため、各取引所のビットコインのレート(円)を確認することは大切となってきますね。少しでも割安にビットコインを手に入れるなら見比べたほうがいいことになります。

そして、このビットコインのレート(円)を見て、思いつくことがないでしょうか?

今回の画像で言うと、一番安く買えるQUOINEXでビットコインを購入し、一番高く買ってくれるbitbank.ccでビットコインを売れば価格差が儲かるような気がしませんか?

ビットコインレート(円)差による売買方法

各取引所のビットコインレート(円)の価格差を使って差額を利用した取引をアービトラージ(裁定取引)といいます。今回の場合細かい手数料を省くと、差額として1BTCの取引を行えば、7,294円の差額を手に入れることができます。

資金が豊富な方はこのアービトラージを行うのもいいかもしれませんね。この方法は後出しみたいなもので、すでに結果が見えているものを資金の操作だけで行えることからリスクにさらされることが少ないですからね。

気を付ける点としては、取引所へ支払う手数料により利益がでるか確認が必要なのと、ビットコインの各取引所間の送付には時間がかかることがあるため送金時間差により価格が変動している可能性がある点ですね。

この辺はまずは少額で試してみて、感覚を磨いてみてから実施することをお勧めします。

各取引所間の価格差が生じやすいのはニュースなどで大きく価格が動く際に取引所間のビットコインレート(円)の価格差が広がる傾向にあります。時間が経過すると価格差は縮まっていきますが、このようなタイミングをいち早く察知してアービトラージを行とチャンスが広がります。

 

ビットコインのレートに関する様々な情報をまとめていますので、ぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね。

⇒ビットコインレートの特徴(円とドル、見方、計算方法、チャート推移など)まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日数時間で、半年後にはあっさり億り人に?!
今ならまだ間に合う仮想通貨新興市場への招待状

「情報革命」と言われたインターネットの登場と同じく、「金融革命」を起こす可能性を持つと言われるビットコインのブロックチェーン技術。

まだまだ、この技術の可能性に気づいている人は少なく、仮想通貨は新興市場の段階です。市場規模はまだ20兆円程度であり、今後専門アナリストは5倍、10倍と成長していく市場だと予想しています。

現に2018年初頭にはバブル的に規模が拡大し一時期100兆円規模まで拡大しました。今は価格が一巡し、仮想通貨が多くの人に認知されはじめ、普及していく段階だと言われています。これまでは価格変動が激しくリスクの高い市場でしたが、環境も落ち着きを見せ、仮想通貨をはじめるにはいいタイミングだと思います。

仮想通貨をはじめるにはアルトコインを活用するのが一番ではないかと思いますが、価格変動時にだけアルトコインを売り買いし、基本的にはビットコイン・円で資産を保有しておくのが最近のトレンドではないかと思います。

仮想通貨への投資は億り人への道に続いています。ただ、ビットコインだけでは億り人にはなれません。アルトコインの活用が不可欠であり、アルトコインのトレードで多くの方が活用している「BitMEX」に登録し、アルトコインを含む仮想通貨市場を経験していくのが最も効果的だと思います。

これまでのありふれた日常を変えてみませんか?これまでの無難な選択があなたの普通の人生を作り上げています。この招待状が示す真の価値に気づけるなら日常に戻る選択をせず、decentralized(非中央集権)を思考する新しい世界へと一歩踏み込んでみませんか?

そんな前向きな方へ向け「億人部」は少しでも億り人へ近づけるような価値ある記事を提供し続けます。そして、あなたを応援していきたいと思っています。

ぜひ、この新世界で一緒に夢を見れる方々をお待ちしております。


BitMEXの登録はこちらから( 6 か月間10% の料金割引)

  

SNSでもご購読できます。